メインイメージ

アレルギーと青汁

青汁は、アレルギー体質の改善にも効果があります。

花粉症や、主に子供を悩ませるアトピー性皮膚炎は、なった人でなければその辛さはわからないもの。
でも、その罹患者数は増える傾向にあります。

このことも風邪と同様、”人並み”を安心してはいけないのです。

実は、アトピーや花粉症などのアレルギーは、重篤な感染症やがんなどの成人病に発展するおそれが大きいという研究結果があります。
「風邪は万病の元」とは比較的古いことわざですが、「アレルギーは万病の元」とも言えるのです。

花粉症などは、一種の過敏反応で、悪い菌などが減りすぎたから身体が判断を誤って、無害なものにも過敏に反応するのだという学説には疑問符が付きます。
特に花粉症を引き起こす都会のスギ花粉などの場合、自動車の排気ガスに含まれる有害物質を結びついて毒性を帯びるという点が指摘されていますが、こうなれば立派な毒物であって、無害どころではありません。

ところが、では花粉症は正常な反応かと言うと、あながちそうとも言えないのです。
たかだか花粉程度のものが少々の毒性を帯びたからと言って、涙やくしゃみなどが止まらなくなるのはどう考えても大げさすぎます。
つまるところ、そのような軽微な毒物も必死になって防御しなければならないほど、身体の免疫機能が衰えていると解釈できるのです。

あなたももうお気づきと思いますが、免疫機能が低下しているということは、あらゆる感染症にかかりやすくなっている状態であり、年齢に関係なく、大きな病気にかからないとも限らない状態にあるわけです。

子供に多いアトピー性皮膚炎も、葉分証と同じくヒフの過敏反応です。
実は大人にも増えているアトピーですが、ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素が不足している母親から、アトピーの子供が生まれる確率が高いと言われています。
アトピーや花粉症になってしまったら青汁を飲むと良いでしょう。

アトピっ子は、生まれながらにして成人病予備軍と言う研究者もあり、青汁で栄養バランスを整えることは、今や年齢を問わない不変の健康法と言えるでしょう。


Copyright© 2013 Aojiru perfect guide All Rights Reserved.