メインイメージ

生活習慣病と青汁

青汁は、生活習慣病の予防に効くと言われます。
生活習慣行とは、高血圧、動脈硬化、高脂血症、痛風、糖尿病、がんなどがその代表格と言えるでしょう。
また、昨今よく耳にするメタボリック症候群(メタボ)も生活習慣病です。

生活習慣病は、昔は成人病と呼ばれていましたが、20歳未満の若者や子供にも多く見られるようになったため、名称が変わったのです。
考えてみれば、恐ろしいことですね。

生活習慣病の共通点として、生活習慣すなわち主に食生活に原因がある病気ということです。
そのほかの原因として、運動不足やストレスなどが指摘されますが、原因の中核をなすのはやはり食生活です。

また、生活習慣病は高齢になるほどかかりやすいことは確かですが、食生活などが不適切だと、子供でも簡単に発症してしまうということは、生活習慣病になるには、わるい食生活を数年続ければ十分ということになるわけです。
本当に恐ろしいのです。

食生活が不適切というのは、単純にこってり系が大好物とか甘いものが欠かせないとかいうものではありません。
実は「バランス」が崩れていることが最も問題なのです。

要するに、肉が大好きなら野菜もたっぷり食べましょうということになるわけですが、それをしないから、と言うよりも「できない」のが現代人に生活習慣病が減らない原因になっています。

そこで威力を発揮するのが青汁です。
生活習慣病の性質として、「余分なもの、わるいものがたまる」という、代謝系の異常が挙げられますが、青汁には、脂肪や糖、そのほかの有害物質を代謝すなわち打ち消すまたは身体の外に出す働きがあります。

人間の身体は、食べ物で出来ています。
成長期でなくとも、どんなに歳をとっても食事をしなければ死んでしまうことでわかるとおり、私たちは食事で健康にもなり、また簡単に病気にもなってしまうのが現実なのです。

野菜不足により、現代の食生活は生活習慣病になるためのもののようになっていますが、不足するものは青汁で1分で、解消できるのですからありがたいですね。
体質改善をしたい方も青汁で決まりですね。

生活習慣病対策にはセサミンも、効果があると言われています。
青汁との併用もできるので、一度試してみてください。


Copyright© 2013 Aojiru perfect guide All Rights Reserved.