メインイメージ

青汁とは? 青汁の由来と青汁を飲む目的

青汁とは、ふつう、野菜などの青葉を絞った液体のことを言います。

青汁は、はじめは九州地方の、しかもごく限られた人たちの健康飲料でした。
青汁は、それを知る人たちからは、「ひじょうに不味い飲み物」として知られていました。
ただ、愛飲者たちは、「不味いから身体に良いんだ!」という、逆転の発想とでも言うべき意識で、不味さを我慢して健康のためにという、真摯な意識で青汁と接していたようです。

しかし、大多数の人にとっては「不味いものをわざわざ飲みたくない」というのが当たり前の感情ですので、青汁はあまり広まることもありませんでした。

しかし、1990年代に、テレビのバラエティー番組で「罰ゲーム」として青汁が用いられるようになり、青汁は、その独特な色味と、飲む人のいかにも不味そうな表情と共に、徐々に大衆に知られるようになりました。

しかし、不味いものはやはり不味いもの。
「マズ~イ!もう一杯!」のフレーズが面白くて青汁を買った人も、飲んでみて改めて「やっぱりマズ~イ!」。
これではあまり売れませんでした。

ですから今では、より飲みやすい味を求めて、各製品は青汁の味の調整に工夫を凝らしたものとなっており、「苦味がまったく無い!」と評判の青汁製品も珍しくなくなりました。

また、青汁はふつう、青葉が主原料となりますが、カルシウム成分を付加した初摘み若葉青汁や、美容成分を配合したものなど、青汁メーカー各社は”より進化した味と健康効果”を意識して、個性的な青汁の開発にも力を注いでいます。

青汁は、現代人が普段食事で摂ることが難しいと言われるビタミン、ミネラル、食物繊維を手軽に摂取できるという点が主な眼目ですが、上記のように、いろいろな付加成分によりさらなる栄養強化や特定の健康効果を謳った青汁も増えてきています。

青汁は、もともとが自然のものなので、たくさん飲んでも副作用の心配もありませんので、老若男女を問わず、手軽にどなたにも長く愛用できる健康飲料です。

青汁がいろいろな身体のトラブルに効果があることの解説と、各青汁製品の解説は、左のサイドメニューからご覧いただけます。
ちなみに、ネットで探すと他のサイトでも青汁について紹介されていますね。 ケールの青汁についての特徴について紹介されているサイトや、 青汁のアンチエイジングについて紹介されているサイトなど色々です。
ブランドが商標登録されている青汁もあるようです。
商標登録調査についてのサイトもご覧ください。

Copyright© 2013 Aojiru perfect guide All Rights Reserved.