メインイメージ

見出し

バナー

私が健康商品を選ぶうえでもっとも重要視しているのが「安全性」です。 このサイトでは安全性を最優先して、製品をご紹介しています。
ぜひ、参考にしてみてください!

また私が次に重視にしているポイントは「成分・栄養価」ですね。

やっぱり、せっかく続けていくからには効き目が表れないと意味がありません。 普段の食生活では摂取しずらいけれども、人間にとっては必要不可欠・・・そんな成分を摂取できるのが青汁です。私の体験や口コミのご意見を比較することで、特に優れた青汁を見つけました。

さらに忘れてはならないのが「続けやすさ(味・風味・利便性)」です。
この点に関してもいくつかの製品をしっかりと比べてみました。
みなさんも是非、これらのポイントを意識しながら製品を選んでみましょう。

見出し

バナー

さて、私がもっとも重視しているとお話した安全性についてですが、なぜ重要だと言えるのでしょうか?

その答えの一つとして挙げられるのが「毎日飲むから」という事。

毎日飲むからこそ、農薬が含まれていないかということや、着色料などの有無は確認したいところ。

安全である前提があって初めて「選ぶ・購入する」という選択肢が生まれるわけです。

では、安全性を見極めるには何が必要なのでしょうか?
第一にチェックしたい項目としては原料の栽培環境があります。
購入しようと考えている商品はどんな環境で栽培されているのかを調べてみましょう。 無農薬かどうか、オーガニック栽培かどうかなどが一つの基準となります。

見出し

バナー

青汁には非常に豊富な成分・栄養価が含まれています。

私たち日本人は今では食事が欧米化してしまい、体のなかの栄養バランスが崩れてしまっている傾向があるということは、生活習慣病患者の急増という背景からイメージできるかと思います。

そんな栄養バランスの偏りを改善してくれるのが青汁なのです。

また生活習慣の乱れは薄毛や脱毛にもつながります。
頭頂部の円形脱毛症や生え際の後退に発毛促進効果が期待できる口コミで評判の男性用と女性用の育毛サプリメントや育毛剤ランキングを参考にしてください。

もちろん一口に青汁といっても栄養価や成分には製品ごとに差があります。これは一体どうしてなのでしょうか?

その答えのひとつとして挙げられるのが原材料です。
原材料が異なれば成分や栄養価が異なるのは必然というわけですね。
まずは代表的な原料である三つの野菜をご紹介しましょう。

見出し

もっともポピュラーな素材として挙げられるのがケールという野菜です。

非常に古くから使用されていた原料であり、私たちの知る青汁の開発者である遠藤博士がたどり着いたのも、このケールでした。

ケールは日本ではあまり知られていないマイナーな野菜ですが、実はヨーロッパでは比較的有名な野菜なんです。 キャベツの原種としても知られており、何よりもその高い栄養素の含有量から「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれています。

ただし、デメリットとして非常にクセのある味で、苦味が強いという特徴があります。 このケールの苦みこそが一昔前まで青汁は苦くてマズイものと考えられていた第一の要因というわけ。

冷凍タイプの製品やケール100%の粉末タイプはそのデメリットがダイレクトに伝わってしまうため、かなり飲みにくくなってしまいます。

せっかくの栄養価の高さも飲めなければ意味がないですね。
しかし、ケールの栄養価は飲み続けることが出来ればかなり頼りになるもの。
例えばステラの贅沢青汁のようなサプリメントタイプの製品なら味を感じることもなく、続けやすく、ケールの魅力を最大限に活かすことが出来ます。

○ケールの主成分
・・・β-カロテン・ルテイン・ビタミンC・カルシウム・食物繊維etc.

見出し

明日葉は日本が原産である非常に珍しい野菜と言えるでしょう。 名前の由来は「その日に摘んでも明日には生えてくる」という強靭な生命力を例えたものなのだとか。

そんな生命力の強さの秘訣は含まれている成分にあるという訳です。

もっとも特徴的な成分としてはカルコンというポリフェノールということが挙げられます。
明日葉の茎を切ると黄色い液体が溢れてきますが、実はそれがカルコン。

老廃物を排出するデトックス効果があるほか、利尿作用などもあるため、浮腫みの解消などにも効果を発揮します。 さらにはダイエットや生活習慣病、便秘の解消などにも効き目があります。

味や風味もケールと比較すると非常に飲みやすく、ほのかに甘みも感じることが出来ます。

粉末タイプで飲みやすい製品を探しているという人には明日葉が原料となっている青汁はオススメかも・・・

○明日葉の主成分
・・・β-カロテン・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・カリウムetc.

見出し

大麦若葉の最大の特徴ともいえる成分として挙げられるのはSOD酵素という栄養。
SOD酵素はスーパー・オキサイド・ディスムスターゼ(super oxide dismutase)の略であり、簡単に言ってしまえば強力な抗酸化作用をもった物質です。

これによってアンチエイジングや美容に大きな効果を発揮してくれるというのがメリットのひとつ。 消化と吸収、代謝や細胞のターンオーバーなどを促進してくれます。

もちろん免疫力の向上などにも効き目があるため、かぜやインフルエンザなどの予防にも役立つでしょう。 味に関しても高く評価できるのもポイントといえます。

ケールと比較するとはるかに苦味や青み、クセが少なくて飲みやすいのです。
例えば、うるおい青汁は甘ずっぱい美味しさが夢中になる興味深い製品。
私も毎日美味しく飲んでいます!

肌を美しくしたいという方や青汁初心者の方にもオススメできる逸品と言えるでしょう。
もちろん女性には特に試して頂きたいですね。

○大麦若葉の主成分
・・・SOD酵素・カルシウム・鉄・亜鉛・カリウム・マグネシウム・銅etc.

見出し

自分にとってどんな製品が使いやすいのかをしっかりと考えて製品を選ぶように心がけましょう。

例えば、私としては一番利便性が高いと感じたのはサプリメントタイプです。

飲む時に水や牛乳などに溶かす必要がないという点で一手間減るのは大きなメリットでしょう。 忙しいという人にはうってつけの製品タイプかと思います。

また、味や風味を感じたくないという人にとっても最適なのではないでしょうか?

我慢して液体の青汁を飲むくらいであれば、サプリメントで味を感じずに飲んでしまうのがしっかりと継続する秘訣になるはずです。

では具体的にはどんな製品タイプがあるのでしょうか?



○粉末タイプ

粉末タイプはもっともポピュラーな青汁のひとつでしょう。
水や牛乳などに溶かすことによって液体にして飲むことができます。

成分の損失は少ないので、しっかりと栄養をとりたいという人にもオススメできる製品タイプ。 特にフリーズドライ製法で作られているものに関しては栄養価の高さの評価も高いのでチェックしましょう。

○冷凍タイプ

冷凍タイプは古くからあったタイプのひとつで、野菜の絞り汁を凍らせたものです。 解凍する手間がかかるので、その点では少し厄介かもしれません。

使いやすさや利便性から考えると、いまいちな感じも否めません。
製品自体も少なく、どちらかというとマイナーな感じかな・・・

○サプリメントタイプ

私がもっともオススメしたい製品タイプがサプリメント。
味や風味を感じることがないので、これまで青汁をなかなか続けられなかったという人は試してみてください。

栄養価を凝縮できるので、成分の面から見ても高く評価することが出来ます。

○ゼリータイプ

飲みやすさを追求して作られたという特徴があります。
飲むというよりも食べるという感覚で青汁を摂取することが出来ます。
もちろん、味が改善されているケースがほとんどです。
ゼリータイプとなると製品の数もおのずと限られてきてしまいます。

○その他

自分で青汁を作るという選択肢もありますが、これはあまりオススメできません。 毎日続けることで効果を得ることが出来るわけですから、自作青汁は作るのが大変なため、続けるのが大変なのです。

もしも作りたいという場合はミキサーやフードプロセッサーで細かくして、それを濾すという方法がポピュラーですね。 原料の野菜を自分で直接見立てることが出来るという点はメリットとして挙げられるでしょう。

見出し

バナー

青汁には多岐にわたる効果・効能があります。

そのため、どうしても医薬品と混同されがちになり、身体に悪い側面もあるだとか、副作用があるという考えを持ってしまう方もいるようです。

しかし、よく考えて頂ければわかるかと思いますが、青汁の原料は野菜です。

青汁は野菜を絞った汁であり、一度に大量の野菜の栄養分を摂取できるものと考えるとわかりやすいかと思います。

スーパーで売っているキャベツやトマトには副作用はありませんよね。
それと同じ理屈で青汁にも副作用はないといえるのです。
もちろん果物が含まれている場合など、アレルギーの原因となる可能性は否めません。
これは食材である以上はやむを得ないと言えるでしょう。

アレルギー体質の方は気を付けるとともに、かかりつけ医師などに相談してから摂取してください。 健康な方の場合であれば、そこまでの心配は要りませんが、どうしても不安なら医師に相談してみましょう。

見出し

バナー

青汁の効果には様々なものがあります。

もちろん製品によって違いがあることもあり、共通しているものもあります。 だからこそ、自分が青汁を飲む目的をハッキリさせてみることが大事。

例えば、代表的な効果として挙げられる《美容・アンチエイジング》に対してはオオムギワカバが原料になっているのが理想的です。 そんなときは大麦若葉のほかにもたくさんの美容成分が詰まっているうるおい青汁を選んでみてください。

では、これまでなかなか青汁を続けられなかった・・・という人はどうすれば良いでしょうか? そんな人はなぜ続けられなかったのかを考えてみましょう。

例えば、味が苦手で飲み続けることが出来なかった場合は、サプリメントタイプのステラの贅沢青汁を飲んでみることをオススメします。

この製品を購入した9割以上の人はリピーターになっているという集計が出ています。
サプリメントだから続けやすい、あるいは栄養がしっかりと詰まっているので、続ける甲斐があるというのが大きな理由でしょう。

このように、目的を意識して製品を選んでみて下さい。

見出し

バナー

青汁の代表的な成分として挙げられるのが食物繊維です。

食物繊維はコレステロールを吸収して身体から排出してくれる効果や、腸のぜん動運動を促して便秘を改善してくれる効果などが代表として挙げられます。

さらにビタミン類なども豊富に含まれているため、普段は不足しがちになってしまっている栄養のバランスを回復することも出来ます。 代表的な成分として挙げられるのは下記の通り。

見出し

ビタミンCはもっともポピュラーなビタミンのひとつであるとともに、私たち日本人が慢性的に不足しているとも言われている成分。

体の内部の調子を整えて、皮膚や粘膜などの健康維持を支えてくれるとともに、強力な抗酸化作用を持っているため、美容やアンチエイジングにも効き目があると考えられています。

特に多く含まれているのはケールであり、オススメの製品としてはステラの贅沢青汁が挙げられます。 ビタミンCは水溶性であり、摂り過ぎによる過剰症を引き起こす心配もありません。

だからこそ、青汁を活用して積極的に摂取したいところですね。

見出し

β-カロテンはカロテノイドのひとつであり、緑黄色野菜に多く含まれている栄養です。

体内で必要に応じてビタミンAの形へと変わるのですが、ビタミンAにはどんな働きがあるのでしょうか? もっとも代表的な働きの一つとして挙げられるのは、粘膜を健康に保つ効果。

これによって、美容やアンチエイジングにつながるとも考えられています。

さらに身体の成長を促進させる働きやガンの予防・抑制効果もあると言われており、
積極的に摂取したい成分として挙げることが出来ます。

もちろん青汁に含まれているのはビタミンだけではありません。
ミネラルも青汁にはしっかりと含まれています。
ただし、ミネラルは人間の体のなかに沢山あればそれでいいというものではありません。 肝心なのは多すぎでもなく、少なすぎでもない《適度なバランス》なのです。

もちろんミネラルのなかにも日頃摂り過ぎになってしまいがちなものと、不足しがちなものがあります。 青汁には不足しがちなミネラルが含まれている傾向があり、健康への有用性が非常に高いということから注目されているのです。

見出し

カルシウムは日本人がもっとも慢性的に不足していると言われているミネラルのひとつです。

主に骨や歯を構築している成分で、人間の体を構成している重要な栄養と言えるでしょう。

不足してしまうとイライラの原因にもなってしまうということから、積極的に摂取することが望まれます。 おすすめの製品としてはユーグレナファームの緑汁が挙げられます。

見出し

カリウムの主な働きは過剰に摂取しすぎたナトリウムを排出してくれるということです。

ナトリウムとはつまり、塩分のことであり、脂っぽい食事やしょっぱい物が好き・・・
という方は積極的にカリウムも摂取すべきと言えるでしょう。

もちろんカリウムを摂取すれば塩分は沢山摂っても良いという事ではないので注意しましょう。 以上の背景から高血圧やメタボリックシンドロームの改善にもつながります。

Copyright© 2013 Aojiru perfect guide All Rights Reserved.